ブログ

6月の田んぼ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_3124

IMG_3124 6/20頃の田んぼ。稲は分けつし、扇型の形になっています。 田んぼによって成長のバラつきはありますが、全体的に今年は順調に育っています!良い所は稲と稲の間が葉っぱで見えないくらいになってきました。

IMG_3185 昔は田植えが終わったと同時に田んぼに入って、自作の除草機やあめんぼ号などで除草作業にとりかかっていましたが、ここ2~3年はジャンボタニシが増えてきたせいで、田んぼの中での草取り作業が随分と減りました。一般的にジャンボタニシは害虫だけど、我が家ではジャンボタニシの性質をうまく利用して、何とか共存(!?)しています。でも、ジャンボタニシが増えすぎている田んぼでは、やはり初期の稲の成長にはマイナスの割合が高くなりつつあるので、来年は水管理の仕方を変えたり、少し違うやり方をやってみなきゃなと思っています。写真は、先日の田んぼの草取り風景。いつも手伝いに来てくださるNさんです♪田んぼの中の草はかなりジャンボ君がやっつけてくれるのですが、畦際に生えているスズメノヒエという草が田んぼの中に侵入してきます。芝生みたいに、どんどん広がっていき、根がはるととるのがとても大変な草です。まだ小さいうちに備中のような道具で引っ掛けてとります。

IMG_3128 そしてここは、そのスズメノヒエが見事に侵入してしまった田んぼです。(左手前の畔際なんて、草で水面が見えていない。。キャー!!)それ以外の草もありますが、ここまでくると、田んぼに入って手でとります。作業時間も体力も倍以上かかってしまう。。今のところ草が目立つ田んぼはこの1枚だけです。なんとか、他は早め早めに動いていきたいです。

IMG_3069 田んぼではないですが、田んぼの泥を使って父ちゃんと子ども達は工作を。きめ細かいトロトロの田んぼの泥は、泥団子にするにはもってこいです!次男坊は、落としても割れない究極の泥団子づくりに挑戦してました。他、いろいろな作品も。子ども達は土器のように野焼きをしたいと言ってますが、雨続きでなかなかできず。梅雨が明けたら、やろうかなと。竹の楽器やおもちゃを作ったり、土偶を作るのがとても得意な面白いおじさんが新城に住んでいるので、(石川農園の加工品のラベル「田の宝」、「畑の宝」の版画を作ってくれた方です。)そのおじさんに野焼きのやり方を教わりたいなぁ。元気にしてるかなぁ。夏になったら、川遊びも兼ねて新城に行きたいなぁと、ふと思いました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加